教育方針

教育理念

本校からのお知らせ

看護は、個人のあらゆる健康レベルにおいて健康的に日常生活を送り、
その人らしく生きられるよう援助することである。

この考えに基づき、本校は、生命を慈しみ、豊かな人間性を備え、
人々の健康と社会の要請に対応できる質の高い看護師を育成する。

教育目標

  1. 人間を総合的に理解し、生命を慈しみ、個人を尊重する姿勢を養う。
  2. 豊かな感性をもち、誠実で自律した社会人として調和のとれた人間性を養う。
  3. 看護に必要な知識・技術を習得し、対象に適切な看護が実践できるための基礎的能力を身に付ける。
  4. さまざまな場面に対応する判断力・問題解決力を身につける。
  5. 変化する社会のなかで、保健・医療・福祉チームの一員として看護の役割を認識し、
    調整するための基礎的能力を養う。
  6. 専門職業人としての自覚をもち、生涯にわたり自己研鑽できる態度を養う。

教育方針

  1. 学習環境を整え、日常生活の中から、人を思いやる心を育み、誠実で豊かな人間性を培う。
  2. 集団における役割を自覚し、自らの行動に責任を持てるよう、のびのびとした生活の中にも規律と秩序を重んじる。
  3. さまざまな機会を活用し、主体的に学習する態度を育てる。
  4. 自己を表現するとともに他者の意見を尊重し、より良い人間関係をつくる能力を育てる。
  5. 学校生活のあらゆる場面において学生と教職員が互いに知的刺激源となり、ともに成長できる関係を作る。
  6. ボランティア活動などを通して地域の人々と交流を図り、社会の動向に関心をもち、地域社会に貢献する。

卒業後の資格

  • 看護専門士の称号を付与され、看護師国家試験を受験することができる。
  • 保健師学校、助産師学校を受験することができる。

学生募集要項

PAGE TOP