本校からのお知らせ

令和3年3月5日 卒業式祝辞 秩父市長 久喜邦康 様

本日卒業式を迎えられた二十二名の皆さん

ご卒業おめでとうございます。また、保護者の皆様にも心からお祝い申し上げます。

そして、横田校長先生をはじめ学校関係者の皆様には、熱心なご指導により、これからの医療を担う貴重な人材を育成していただきましたこと、深く感謝申し上げます。

卒業生の皆さんは、秩父看護専門学校において、看護師となるためのカリキュラムを立派に修了されました。

今、看護師として新たなスタートラインに立ち、様々な思いを抱かれているのではないでしょうか。

憧れていた看護師として働き始めることへの期待がある一方で、人の「命」に向き合っていくことへの不安もあると思います。

回復するまでに長い時間を要する疾病が増えている現代において、病気や怪我に苦しむ人々が、希望を持ち前向きに治療やリハビリに取り組むためには、医療スタッフの声掛けや気遣いがとても重要になります。この患者に向き合う姿勢は、まさしく看護師の強みであると思います。

過酷な医療の現場においてこそ、看護師を志した時の気持ち、そして「患者に寄り添う」という看護の原点を忘れないでいただきたいと思います。

皆さんの力が必要です。看護師としての人生を、それぞれの道でしっかりと前に進んでください。

卒業後、秩父地域で看護師として働かれる方は、安心して暮らしやすい地域づくりにお力添えいただきたいと思います。また、秩父地域を離れる方は、それぞれの職場で経験を積みスキルを上げ、いずれは母校があるこの秩父へ帰ってきていただきたいと切に願います。

コロナ禍の状況も重なり、秩父地域の医療現場は、医師、看護師など医療スタッフの不足により、大変厳しい状況が続いています。この現状をご理解いただき、是非とも、様々な形で皆さんの力を貸していただきますようお願いいたします。

看護師は、体力も精神力も必要とされる仕事で

す。今後も健康には十分留意され、秩父で学んだことを糧に、人間味あふれる素晴らしい看護師へと成長してください。

皆様のご活躍を心からお祈りいたしております。

 

令和三年三月五日

秩父市長 久 喜 邦 康

1 ~ 1件 / 全1件

学生募集要項

PAGE TOP