本校からのお知らせ

在校生インタビュー(石山 優哉さん)

秩父看護専門学校へ入学しようと思ったきっかけを教えて下さい。

高校時代の担任から秩父看護専門学校を勧められたこと、祖父が秩父出身ということもあり、秩父に何度か行く機会もあり、イメージができていました。環境面、生活面、学力を総合的に判断して決めました。

入学してみて「抱いていたイメージ」と異なった点、その通りだった点などを教えて下さい。

授業は講義が多いイメージだったのですが、グループワークが多いです。看護師は周りとのコミュニケーションが大切です。良いディスカッションが毎日行えるようにやっています。

イメージ通りなのは実習です。1年次1回、2年次4回、3年次7回ありますが全部記録がハードでした。体力には自信はありましたが、睡眠が中々確保できなかったので 体力を落とさないためにも食事はしっかり摂っていました。実習でより実践的で多くのことが学べます。

将来の夢を教えて下さい。

特に患者さんの気持ちに寄り添い気配りができる看護師を目指しています。患者さんを看ていくためには身体の仕組みやケアを提供する技術などを身につけなくてはなりません。さらに思いをくみ取りいつでも話やすい態度で接することのできる看護師になりたいです。

秩父看護専門学校へ入学を考えている皆さんに一言。

受験勉強で大変な時期だと思います。”継続は力なり”日々の積み重ねが大切です。先生はもちろん、先輩方が優しく丁寧に教えてくれます。又、人として1~10まで教えてもらい人として成長できます。ぜひ、秩父看護専門学校で看護学生のスタートを切りましょう。

1 ~ 1件 / 全1件

学生募集要項

PAGE TOP